― 私たちの10月23日を伝えるために。 ―




語り部


語り部リスト

おぢや震災ミュージアム そなえ館で講演をいただいている、「語り部」のみなさまです。
震災当時:
小千谷市助役(災害対策副本部長)
災害対策副本部長として行政内部の指揮を執り、復旧・
復興に努めた。行政、町内会などが震災を体験して得た教訓等について講演している。
現 在 :
NPO法人 防災サポートおぢや理事長
人間は災害によって家が壊れるだけでなく、
心も壊れる
震災当時:
市の中心商店街を持つ町内の防災会長
町内会と防災会の協力で避難所の設営、運営を図る。
現 在 :
新潟県防災コーディネーター
小千谷市自主防災組織連絡協議会会長
NPO法人防災サポートおぢや所属
趣 味 :
パソコン、アマチュア無線、釣り
小千谷市消防署OB

大規模な災害では、
行政や消防はすぐには来てくれない!
震災当時:
小千谷市消防団副団長
現場本部の指揮を執る。その後団長に就任、災害に強い消防団組織作りと消防団活性化事業及び団員確保に奮闘。現在は後進の指導にあたる。飲み会が大好き。
金子さんのお話を聞きたいとリピーターも多い。
現 在 :
NPO法人防災サポートおぢや所属
安心していると そこに安全はない
震災当時:
民生児童委員(隣市障害施設 施設長)
担当地区の要援護者の確認に8日間など、混乱の中での
民生委員の活動をお話しいただく。地元で生産される
"かぐらなんばん"が大好き!!
現 在 :
小千谷市民生・児童委員協議会長
NPO法人防災サポートおぢや所属
2、3がなくて まずトイレ
震災当時:
市役所職員(健康センター勤務)
日赤奉仕団受入れや、病院関連、災害弱者対応
さらには心のケア活動にも精通。辛口のコメントに
ドッキリ。
現 在 :
小千谷市民生・児童委員協議会副会長
NPO法人防災サポートおぢや所属
震災当時:
小千谷市塩谷の町内会長
この地震で自宅が崩壊、町内の人の手によって救出される。しかし、息子は死亡、妻は5ヶ月間の長期入院の
重傷を負う。町内会とボランティアとの関わり、長期避難勧告時のエピソードなど。おやじ養鯉場のおやじさん。
現 在 :
NPO法人防災サポートおぢや所属
震災当時:
(財)小千谷総合病院看護部長
患者への対応、看護師の指揮など第一線で救助活動を
行う。体験から開発された"おぢやタンカ"にも注目。
現 在 :
看護師協会等で講演活動を行っている。
NPO法人防災サポートおぢや理事
震災当時:
小千谷新聞社主筆(現職)
自らの被災体験や、多くの市民から生の声を取材した
お話は多岐にわたる。
著 書 :
「激震 小千谷発 挫けない」
「新潟県小千谷発 心ほっこりいい話」
現 在 :
NPO法人防災サポートおぢや所属
震災当時:
小千谷市婦人防火クラブ会長(現)
地域密着の考えを基本とし、「自分たちの地域からは
絶対に火事を出さない」を合言葉に、現在も毎週火曜日に防火パトロールなど、地域の火災予防に積極的に取り組んでいます。小千谷の肝っ玉母さん!
元新潟県婦人防火クラブ会長
平成24年 安全功労者 総務大臣表彰
震災当時:
小千谷社会福祉協議会事務局長
地震発生後に立ち上げられた小千谷市災害ボランティアセンター本部長としてボランティア活動の指揮をとり、市民生活の復旧・復興へ尽力。恥ずかしがりや。
現 在 :
NPO法人防災サポートおぢや常務理事
小千谷市職員OB
震災当時:
小千谷市最大の町内会の会長
小千谷地区防犯協会連合会 会長
新潟県防犯協会理事

"明かり"があると、人々は安心する
明かりをそなえてください(発電機・投光器)
震災当時:
小千谷市消防団 分団長
災害に強い消防団組織づくりと消防団活性化事業及び
団員確保に奮闘中。本業は、畳店を営む職人さん
現 在 :
同消防団団長として活躍
震災当時:
小千谷市十二平の町内会長
長期避難勧告の後、集団移転を決め現在に至る。
現 在 :
NPO法人防災サポートおぢや理事
"じょんでぇら"のあさがおは、
宮城県の女川町でも花を咲かせています
震災当時:
旧川口町立川口小学校校長
最大震度7を記録した震源地旧川口町。
残念なことに児童一人が死亡。
現 在 :
学校防災アドバイザー
日本赤十字奉仕団指導員
「ガラスが壁に突き刺さるんですよ!!」
「命が守れますか!?」震度7を熱く語ります
震災当時:
団体職員
震災後、山間の集落をいかにして持続可能な暮らしを
していけるか、わかとち未来会議を立ち上げた。
その理念は

1.超進化し、夢語る暮らし。
2.人に暖かく寄り添う暮らし。
3.自然と共にある、種まく暮らし。

そして、現在の暮らしを紹介。
いろいろ知恵を出すアイディアマン。
現 在 :
わかとち未来会議 代表
小千谷市グリーンツーリズム連絡協議会 会長
震災当時:
小千谷市池ヶ原の区長
指定された避難所が被災し、農業用ビニールハウスを
活用し避難生活を陣頭指揮をする。仲間と共に「雪蔵」の保冷用の雪を使ったイベント「真夏の雪祭り」を企画するなど、池ヶ原の村おこしの仕掛け人。
震災当時:
小千谷市社会福祉協議会勤務
(在宅介護支援センター業務)
災害ボランティアセンターでニーズ対応、マッチング、物資管理、看護・介護チーム等担当。
現 在 :
小千谷市社会福祉協議会勤務(地域福祉を担当)
私はお風呂で
髪を洗っているときに地震に合いました。
みなさん自分だったらと想像してみて下さい…
震災当時:
市役所職員
(在宅介護支援センターに保健師として勤務)
現 在 :
小千谷市健康センター長
高齢者の相談がどんどん増えて…。
それは高齢者を
施設に入れて欲しいという要望でした



  • 中越メモリアル回廊
  • 語り部
  • 団体様向けページへ
  • 見学・視察のご予約はこちら
  • 防災学習体験プログラムのご予約はこちら
  • 研修視察関係価格表
  • 団体予約施設空満情報

公益社団法人 中越防災安全推進機構 〒940-0062 新潟県 長岡市 大手通2-6 フェニックス大手イースト2階 TEL:0258-39-5525 FAX:0258-39-5526
© 2012 Chuetsu Organization for Safe and Secure Society. All rights Reserved.