モデルルート


山古志 梶金(かじがね)
住宅被害は28戸が全戸全壊判定を受けるほど大きな被害を受けた集落です。集落上部からの地滑りと集落の下を流れる芋川支流の神沢川が土砂により塞き止められました。集落と竹沢集落方面を結ぶ国道291号線は神沢川右岸の国道が崩落したことで通行不能となり、魚沼市方面も国道が崩落し完全に孤立状態となりました。農地、養鯉池の被害も甚大で、ほとんどが使用不能の状況になりました。住宅の倒壊で、けが人も数人でましたが、翌朝まで救出ができませんでした。また、「マリと子犬の物語」という映画のモデルになった犬の住む集落でもあります。
住所 長岡市山古志梶金
電話 0258-41-1203(やまこし復興交流館準備室)
0258-59-2328(山古志支所地域振興課)
0258-59-2343(山古志観光協会)
交通 山古志支所より車で5分(公共交通での移動手段はありません)

  • 防災学習研修コースのご予約
  • 視察のご予約
  • 研修視察関係価格表
  • 団体予約施設空満情報
  • みなさまの声
  • エリアTOPICS
  • メモリアルパーク アクセスMAP
  • コリドール
  • 「あなたの声」をお聞かせください。
  • 中越災害アーカイブ