モデルルート


小千谷市 十二平
震源地に近い小千谷市東山地区十二平は、立っていられないほどの大きな揺れに見舞われました。県道はいたるところで寸断され、山ごと崩れ落ちた土石流で泥の海になりました。また、集落内を流れる芋川は上流で土砂災害によってせき止められました。
かつて最大時には25世帯が暮らしていた十二平集落も、地震発生当時は11世帯。住宅が大きな被害を受け、1人が負傷しました。余震が続く中、住民は何かあると集合場所にしていた三叉路に集まりました。そこにブルーシートを張って救援を待ち、夜中から集会所へ避難しました。翌朝には多聞橋の道路上に「SOS十二平」と大きく白字で書いて、上空を飛び回るヘリコプターへ救助を求めました。
写真:小千谷市提供
住所 小千谷市塩谷字十二平
電話 0258-89-7480(おぢや震災ミュージアムそなえ館)
0258-41-1203(やまこし復興交流館準備室)
交通 小千谷市中心部より車で30分
山古志支所より車で10分(公共交通での移動手段はありません)

  • 防災学習研修コースのご予約
  • 視察のご予約
  • 研修視察関係価格表
  • 団体予約施設空満情報
  • みなさまの声
  • エリアTOPICS
  • メモリアルパーク アクセスMAP
  • コリドール
  • 「あなたの声」をお聞かせください。
  • 中越災害アーカイブ