モデルルート


アルパカ牧場
つぶらな瞳、愛嬌のある姿、そしてふわふわの手触り。ちまたで大人気のアルパカが山古志油夫集落にやってきたのは、2009年の秋のこと。「被災した人たちを元気づけようと、アメリカのアルパカ牧場から送られてきました。アルパカたちが到着した瞬間にじいちゃんもばあちゃんも、みんな、アルパカのかわいさにとりこになった」と笑うのは、代表を務める青木勝さん。もともと、この地域ではヤギや牛を飼っていたため、動物の世話は慣れたもので、5世帯が交代で世話をしているようです。現在は18頭のアルパカがおり、餌をやったり触ったりできるとあって全国各地から見学者が続々と訪れています。2011年には種芋原にミニ牧場もオープンしました。
住所 〒947-0204 新潟県長岡市山古志竹沢油夫乙169
電話 0258-59-2062
閉鎖時期 12月~4月下旬(天候により変動あり)
交通 山古志支所より車で5分
入場料 無料

  • 防災学習研修コースのご予約
  • 視察のご予約
  • 研修視察関係価格表
  • 団体予約施設空満情報
  • みなさまの声
  • エリアTOPICS
  • メモリアルパーク アクセスMAP
  • コリドール
  • 「あなたの声」をお聞かせください。
  • 中越災害アーカイブ