モデルルート


朝日山(朝日山古戦場跡地)
1868年(慶応4年)北越戊辰戦争における朝日山争奪戦繰り広げられた場所です。北越追討山道軍(官軍)軍監、岩村精一郎と長岡藩家老上席の河井継之助による会談が慈眼寺で行われてから9日後にあたる5月11日に開戦しました。激戦の後、5月19日に河井継之助らは退却しました。壮絶な戦いが繰り広げられた証しのように、両軍の名を刻んだ墓石が立っています。当時の光景に想像をめぐらせながら、40分ほどかけて登頂する人も多くいらっしゃいます。
住所 新潟県小千谷市浦柄
交通 JR小千谷駅より車バスで10分、朝日山入口下車後徒歩40分

  • 防災学習研修コースのご予約
  • 視察のご予約
  • 研修視察関係価格表
  • 団体予約施設空満情報
  • みなさまの声
  • エリアTOPICS
  • メモリアルパーク アクセスMAP
  • コリドール
  • 「あなたの声」をお聞かせください。
  • 中越災害アーカイブ