モデルルート


慈眼寺
写真提供:小千谷市
新義真言宗智山派船岡山慈眼寺は小千谷市でも屈指の古刹であります。寺伝によれば、天武天皇の白鳳年間薩明大徳によって、国家鎮護の道場として創建されました。幕末の戊辰戦争の際に、北越追討山道軍(官軍)軍監、岩村精一郎と長岡藩家老上席の河井継之助との会見場所として知られています。1868(慶応4)年5月2日、両者はおおいに談判しましたが、岩村精一郎はわずか30分で席を立ち、不幸にして決裂しました。長岡藩は官軍に抗戦することになり、長岡城陥落という悲運を招くことになりました。中越大震災では、本堂内の会見の間や殉難者墓地に大きな被害を受けました。
住所 〒947-0027 新潟県小千谷市平成2-3-35
電話 0258-82-2495
交通 関越自動車道小千谷ICより車で10分
JR小千谷駅より車で10分

  • 防災学習研修コースのご予約
  • 視察のご予約
  • 研修視察関係価格表
  • 団体予約施設空満情報
  • みなさまの声
  • エリアTOPICS
  • メモリアルパーク アクセスMAP
  • コリドール
  • 「あなたの声」をお聞かせください。
  • 中越災害アーカイブ